TEL:093-617-0077

〒807-1102 福岡県北九州市八幡西区香月中央1-7-32

北九州 八幡西区の歯科医院 岡歯科医院

予防歯科

HOME»  予防歯科

予防歯科について

TYPE1
虫歯や歯周病、歯列不正の成り立ちをお話ししながら、正しい歯磨きの指導に始まり、シーラント(歯の溝を塞ぐ)、フッ素の塗布・洗口などの虫歯予防を中心とした歯科治療です。虫歯も、歯周病も、風邪やはしかなどと同じく細菌による感染症です。しかし、自然に治るということはありませんが、予防法はある程度確立しています。それは毎日のお掃除と定期的なプロフェッショナルクリーニングです。岡歯科医院では、担当医と協力して歯科衛生士が、患者様の状態にあったブラッシング指導と、クリーニングを行っております。
TYPE2
予防歯科とは、発症前に虫歯や歯周病を防ぐことです。また、治療後に虫歯や歯周病の再発や新たな発症を防ぐことでもあります。歯科医療に関しては、病気になってからでは元通りになりません。たとえば、「虫歯だから削って詰めましょう」、「痛いから神経をとりましょう」、「揺れてきたから抜きましょう」などです。痛くなる前にお口の中の健康を守り、また増進するための、積極的な医療こそが、病気の原因から治す方法であり、予防歯科の考え方の原点です。
岡歯科医院では、歯の病気の原因についてご説明することで、患者様のご理解をいただいた上での治療に努めていきたいと考えておりますので、お気軽にご相談下さい。

P.M.T.C

毎日しっかり歯磨きをしているつもりでも歯ブラシの届きにくいところ、汚れがたまりやすいところができてしまいます。
この部分のお掃除を専門の機械で徹底的に行うのがP.M.T.Cです。

汚れをそのままにしておくと…

普段の歯磨きでは、歯と歯のすき間や、歯と歯茎の境目に歯ブラシでは落とすことの難しい汚れが残っています。
そのままにしておくと、ばい菌が住みつき、虫歯や歯周病、口臭、全身の様々な病気の原因となります。

それでも虫歯になってしまったら…

従来の虫歯治療では…

  • 麻酔をして~
  • 虫歯を削り~
  • つめるためにさらに大きく削り~
  • 金属をつめる~

…というのが普通でした。

ところが、歯を削るということは、歯の寿命を短くします。
がんばって通院して治療したはずなのに、また痛くなる。
もう一度同じ歯を削り、神経を取り、やがては抜かなければならない状況にまで陥ります。虫歯は虫歯菌が原因です。
虫歯菌が砂糖(ショ糖)を分解して酸を出し、その酸で歯が溶かされてしまうのです。

従来の治療は、この感染したところをすべて取り除き、更には感染してしまっている神経を取り除くというのが普通でしたが、それが結果として虫歯になった歯の寿命を短くしてしまっていたのです。

岡歯科医院の理念でもある「予防」

削る量を少なくすることが結果としてはの生存率を上げることがわかっています。
歯が残っていれば、しっかり噛んで、いつまでもおいしい食事を取り、心身ともに健康でいられるのです。

岡歯科医院においては、従来のようが虫歯の治療からの脱却を目指し、虫歯を削らずに治す、新たな治療方法を取り入れました。

その「虫歯を削らない」「麻酔をしない」「痛くない」治療というのがドックベストセメントです。

ドックベストセメントとは近年アメリカで商品化された身体に優しいお薬です。
抗生物質などと違い、人の血液に含まれる銅イオンを主成分とした、様々なミネラルから作られています。

麻酔をせず、歯も削らない。
虫歯の穴を洗浄、消毒して薬をつめるだけなのです。
後はその上から詰め物や被せ物をして終了です。

このドックベストセメントは、虫歯菌を殺菌する成分を永続的に出し続けます。
様々なミネラルが、虫歯菌の酸によって軟らかくなった歯を硬くしてくれます。
つまり、ただ虫歯が治るだけでなく、虫歯の再発を予防してくれるお薬なのです。

ドックベストセメントは日本の保険治療の適応に含まれず、自費の治療になります。

ドックベストセメントに関して、詳しくはこちら

PAGE TOP