TEL:093-617-0077

〒807-1102 福岡県北九州市八幡西区香月中央1-7-32

北九州 八幡西区の歯科医院 岡歯科医院

親知らず

HOME»  親知らず

親知らずについて

親知らずとは

親知らずとは、個人差はありますが、20歳前後に生えてくる第3大臼歯です。
現代人で上下4本きちんと生えている人は少数です。現代人の顎は細く、この親知らずが生えるスペースがないために、正常に生えることができず、前方に傾いて生えたり、横向きのまま大部分が歯肉に埋まった状態だったりすることで、痛みを生じたり、歯並びが悪くなったり、他の歯に悪い影響を及ぼしたりします。

親知らずの抜歯

正常に生えている親知らずであれば、特に抜歯する必要はありません。
ただし、大部分が歯肉に埋まったりしている親知らずは隣の歯の深い部分に虫歯を作ったりと悪影響を及ぼしますので、抜歯することをお勧め致します。また、親知らずの抜歯は、普通の歯の抜歯と違って口腔外科的技術が必要となります。口腔外科専門の歯科医院にて抜歯することをお勧め致します。

顎関節症

顎関節症とは、「顎が痛い」、「顎の関節がカクカクなる」、「口が開けづらい(開かない)」、「口の開閉時に痛みがある」などの症状の総称です。
顎関節症と言っても、顎の筋肉痛のような軽い症状のものから、顎の骨の変形や開口障害など、手術を必要とする重い症状のものまで幅広く存在します。
顎の筋肉痛など一時的に痛みが発生しても、自然に治る場合もあります。

PAGE TOP